読書感想文って書く意味あるんですか

2021/07/20 

夏です。夏休みです。課題です。読書感想文です。

今年は読書感想文が出ました。去年は夏休み大幅縮小で読書感想文がなくなりましたが、今年はあります(´・ω・`)。あー去年は楽だったなーって嘆きつつ書いています。

しかし、僕はある日こう思いました。

「あれ、読書感想文って書く意味あるんかな?」

はい、ということで今回の日記的なものは読書感想文に対する僕の意見の垂れ流しです。

あくまで意見なので

※公益社団法人/全国学校図書館協議会・朝日新聞社:以下DO社とします。

 

目次

1.読書感想文を強制で書かせる

2.書く枚数

3.一番の被害者:先生

4.書く意味はこれ。ひどすぎw

結論

 

1.読書感想文を強制で書かせる

読書感想文。あれって強制じゃないですか。まずそこが納得行きません。なぜ強制にするのでしょうか、感想文を書くことに興味をもった人とかやる気満々の人だけがやるべきです。

もし学校側(DO社)が子供たちに文章力をつけさせるためにやっているのなら、もっと他のやり方を考えるべきです。読書感想文を書いてもどうせgdgdな文章になって(個人的には)ほぼ何も得ません。

文章力をつけさせたいなら、「正しくわかりやすい文章の書き方」的なワークを出して

書き方の説明→短文を書かせる→原稿用紙1枚(20x20,400字)

的なやり方をしたほうが個人的にはよっぽどいいと思うんですけどね。

 

2.書く枚数

書く枚数にも疑問を持ちます。公式サイトによると、

小1,2→800字以内、小3~6→1200字以内、中学生以上→2000字以内です。

※2000字以内と書いていますが僕の学校では1800字以上2000字以内でないと認められませんでした。

僕は思いました。

「書く枚数なんてどうでもよくね?熱意があるか、ないかだろw」

僕は、5枚のgdgd感想文より3枚の熱い感想文の方が好きです。

3.一番の被害者:先生

感想文は結局最後は先生が読むので先生は5枚の感想文を読まなければなりません。感想文って、書くのも大変ですけど、読むのも大変です。ましては先生は100人分の感想文を読まなければなりません。政府が働き方改革を推進しているのに、DO社はなにしてるんですかねwwしかもこれ政府後援だってww矛盾すんなよww働き方改革だろwwwwwww

4.書く意味はこれ。ひどすぎw

こちらに書く意味が載ってました。とりあえずコピペ

書くことによって考えを深められるからです。読書感想文を書くことを通して思考の世界へ導かれ、著者が言いたかったことに思いをめぐらせたり、わからなかったことを解決したりできるのです。ですから読書感想文は「考える読書」ともいわれます。また、どんなに強く心を動かされても、時がたてばその記憶は薄れてしまいます。読書感想文は自分自身の記録です。読み返すことによって、いつでも「感動した自分」に出会うことができるのです。

呆れたね。突っ込みどころ満載wwwwww

まず、書けば考えが深まると思ってるのかよww感想文を書いてる途中に作者の気持ちなんて考えたこともなかったわwwww考える読書とかwwwあほくさw

これ一番突っ込みたい

読み返すことによって、いつでも「感動した自分」に出会うことができるのです。

読書感想文読み返す奴いるかよwwてか返してもらったことないぞww返してもらったとしても絶対読まねぇwすぐ捨てるwwww

結論

読書感想文は僕にとってやる価値のないものです。DO社もやる気なさそうだし、廃止すべき。

あんな理由で学生を説得できるんですかねぇ。

 

しかし僕は読書感想文を書きます。